top of page
検索
  • 執筆者の写真303Studio

ウェディングフォトにおける自然光と人工光の違い

ウェディングフォトは、お二人の新たな門出を永遠に記録するものです。

この大切な瞬間を最高に美しく捉えるために、光は非常に重要な役割を果たします。

ウェディングフォトにおいて、外で撮影(自然光)するのと、スタジオで撮影(人工光)するのとでは大きく雰囲気が違います。

では、自然光と人工光では何が違うのでしょうか?


自然光の柔らかさと暖かみは、ロマンチックな雰囲気を醸し出します。

屋外での撮影や窓辺での自然光を利用したセッティングでは、自然光が生み出す優しい影が、ドレスのディテールやお二人の表情を自然に引き立てます。

一方で、自然光はコントロールが効きにくく、天候や時間帯によっては予期せぬことが起こります。

しかし、それらを巧みに利用することで、一瞬の輝きや柔らかなシルエットを捉えることができるのも魅力です。


対照的に、人工光はコントロールが可能です。

スタジオや室内での撮影においては、人工光を用いることで、撮影の方向性を明確にし、一貫性のある写真を撮ることが可能になります。

人工光は強度や色温度の調節ができるため、特定の雰囲気を作り出したり、細部を際立たせたりするのに適しています。

ただし、スタジオという限られたスペースでの撮影なので背景や構図が限られてきます。


最終的には、お二人の好みやスタイル、撮影場所の環境によって、自然光と人工光のどちらを選ぶかが決まります。

時には、両方の光を上手にミックスすることで、思い出に残るユニークな写真が生まれることもあります。

ウェディングフォトでは、これらの光の特性を理解し、その日の最も美しい瞬間を捉えることが求められます。

光を味方につけ、お二人の物語を光で語るウェディングフォトを目指しましょう。


✔︎303Studio HP

撮影内容や詳細はSNSでもご確認いただけます

✔︎instagram

✔︎TikTok

✔︎ Twitter

ご依頼・お問い合わせは公式LINEよりご連絡下さい。

✔︎303studio公式LINE


最後まで読んでいただきありがとうございました!


閲覧数:27回0件のコメント

Comments


bottom of page