top of page
検索
  • 執筆者の写真303Studio

ウェディングフォト撮影でのポージングのコツ

更新日:2023年12月9日

みなさん、こんにちは!

今回はウェディングフォト撮影のポージングについてお話しします。

ほとんどの人はプロカメラマンに撮影されるのはほぼ初めてかと思います。

ましてや自分たちが主役の撮影なら尚更です。

思い出に残る素敵な写真を残したい気持ちと、撮影中どうしたらいいのかよく分からない気持ちで複雑だと思います。

そこで今回はウエディングフォト撮影のポージングのコツを5つ教えます。


1. 自然体を心掛ける

最も大切なのは、自然でリラックスした気持ちです。

硬くならず、お互いの目を見て、自然な笑顔を心がけましょう。

あまり背伸びせず、等身大のお二人でいることが大切です。

お二人が自然になれる雰囲気づくりができるかどうかは、カメラマンはじめ、周りのスタッフの協力も必要です。 可能であれば、カメラマンやヘアメイクと事前にお会いしたり、snsをチェックすることをおすすめします。


2. ポーズの練習をする

事前にいくつかポーズを練習しておくと、撮影当日スムーズです。

カジュアルな抱擁や手をつなぐシンプルなポーズがおすすめです。 インスタで検索すると魅力的なポーズがたくさん出てきます。

いいなと思ったポーズは保存しておいて、撮影前にカメラマンと共有することをおすすめします。

またポーズの引き出しの多いカメラマンは、自分たちが思ってなかった素敵なポーズをご提案してくれます。

事前にカメラマンのインスタをチェックすることもマストです。


3. 撮影場所を考慮する

ロケーションに合わせたポージングが重要です。

例として、自然光の中なら柔らかい表情を、都会の中ならフォーマルなスタイルが映えます。 このように場所によりポージングや表情が変わってきます。

お二人のキャラクターを踏まえて、ローション選び、ポージング選びを話し合うことをおすすめします。

やりたいことと、できることは違います。


4. プロのアドバイスを活用する

プロのカメラマンはポージングのプロです。

彼らのアドバイスを聞くことをおすすめします。

これが一番大事なことです。

プロカメラマンと言っても千差万別。

お二人の好みに合うことはもちろんですが、フィーリングも大事。

結局は人対人なので事前にDMなどでやり取りをして、センスと人柄を見極めてください。

お二人の大切な記念の写真の仕上がりはカメラマン選びにかかってきます。


5. 衣装との調和を意識する

ドレスやタキシード、和装は動きを制限することがあります。

衣装に合わせたポーズを選び、快適さを保ちましょう。 無理をしたポージングは結果、お二人の表情に出てしまいます。

大切なのはお二人が無理をせず、心から楽しんで撮影することです。

そこで初めてお二人らしい、笑顔や雰囲気が出るので。

最後に、何よりもこの特別な瞬間を楽しむことが大切です。

自分たちらしさを大切にして素敵な写真を残しましょう。

幸せな一日になりますように!


✔︎303Studio HP


撮影内容や詳細はSNSでもご確認いただけます

✔︎instagram

✔︎TikTok

✔︎ Twitter


ご依頼・お問い合わせは公式LINEよりご連絡下さい。

✔︎303studio公式LINE


最後まで読んでいただきありがとうございました!





閲覧数:36回0件のコメント
bottom of page